vol.02_フォントの種類やサイズの変更、文字の溢れに注意

 

株式会社タプコム と申します。
日頃は、弊社ならびに弊社商品をご愛顧、ご検討いただき、 誠にありがとうございます。

弊社ではオンデマンド印刷の中でもっとも付加価値の高いプリントである、
バリアブルプリントのソフトウェアの開発・販売をしています。

前号に引き続き、本号では差込文字の種類やサイズの指定、
文字の溢れなどの回避の方法をお伝えします。

『文字の種類は◯◯、サイズは△pt、色は■、お客様から指定があった・・・』
『ここに、こういう風に文字を入れたいんだよなぁ・・・』
『長い住所の最後が切れてしまった・・・』

これが現場の、バリアブルプリントの悩みではないでしょうか。

そんな方々の為にバリアブルプリントのノウハウを皆様に少しずつ
お伝えしていきたいと思います。

CSVファイルからテキストを差込みますが、バリアブルプリントの現場では、
フォント種類や、サイズ、色が指定されている場合があります。

マルチプリント・インでは、書式の設定がひとつのダイアログ内で設定・選択でき、
文字の種類は、PCに入っているフォントを一覧から選択するだけです。
同様に、サイズ、色、文字間、行間もミリ単位で設定ができます。
もちろん、縦書き、横書きもできます。

指定されたレイアウトに、テキストを入れていくバリアブルプリント。
どんなテキストの指定であっても、簡単に対応できます!

ナンバリングのような桁数が固定のものではなく、
DMの宛名や名刺など文字数が異なる場合のバリアブルプリントで、
最も困ってしまう代表的なものは、、

『文字が多い場合、溢れてしまった・・・』

宛名の住所やお名前が溢れては、郵送できませんし、
お名前が切れてしまっては名刺やカードとして納品できません。

差込枠を超える文字数が入ってきた場合は、

・文字を縮小してすべて印字
・長体、平体をかけてすべて印字

の2種類から選ぶだけで、文字は溢れません!

お名前・住所等では、長体、平体をかけることで、文字幅をキープできるので、
仕上がりの見栄えがGOODです。

ただし、長体、平体をかけすぎると読めなくなってしまうので、
あらかじめ短い文字列、長い文字列の平均ぐらいの
差込枠を作成するように心がけましょう。

文字の種類、サイズ、色、縦書・横書など、
バリアブルに必要な設定をひとつのダイアログ内にまとめたことで、
シンプルかつ直感的に作業できるように設計したソフトウェアです。

『文字の種類は◯◯、サイズは△pt、色は■、お客様から指定があった・・・』
『ここに、こういう風に文字を入れたいんだよなぁ・・・』
『長い住所の最後が切れてしまった・・・』

とお悩みの皆様!

「これならできそうな気がする!」と感じていただけたら嬉しいです。

次号では、❺名刺、会員カードに顔写真を入れよう
❻指定されたタイプのバーコードを入れよう

をお伝えします!

関連記事

  1. Vol.01_データベースはエクセルで作成、差込枠の位置決め

  2. vol.05_面付け出力でコスト削減・スピードアップ、串刺し印刷で検品…

  3. vol.04_ハガキの宛名に挑戦、カスタマーバーコードを印字して郵便料…

  4. vol.06_バーコードのバリアブルに挑戦、バーコードの詳細設定

  5. vol.07_意外と知られていない連番データの作成方法、検品にも使える…

  6. vol.03_名刺や会員カードに顔写真、指定されたタイプのバーコード

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。