vol.07_意外と知られていない連番データの作成方法、検品にも使えるナンバリング

 

株式会社タプコム御中
バリアブルプリントご担当者様

株式会社タプコム と申します。
日頃は、弊社ならびに弊社商品をご愛顧、ご検討いただき、 誠にありがとうございます。

弊社ではオンデマンド印刷の中でもっとも付加価値の高いプリントである、
バリアブルプリントのソフトウェアの開発・販売をしています。

前号に引き続き、意外と知られていない連番データの作成方法、
プリント検品にも使えるナンバリングプリント
をお伝えします。

『ナンバリングの仕事を受注したけど、入稿のデータベースが無い・・・』
『100件程度なら手打ちしている・・・』
『数字の桁数を合わせたい・・・』
『数字の前後に文字を付加したい・・・』
『5ずつ増えるナンバーを印字したい・・・』

これが現場の、バリアブルプリントの悩みではないでしょうか。

さらに、フォントの指定や位置合わせ、複数個所の差込、連番の規則性、
面付け、降順昇順など、厳しいレイアウトの指定がある場合が多いです。

そんな方々の為にバリアブルプリントのノウハウを皆様に少しずつ
お伝えしていきたいと思います。

バリアブルプリントの中では、需要も多く簡単に思われがちですが、

『ナンバリングの仕事を受注したけど、入稿のデータベースが無い・・・』
『100件程度なら手打ちしている・・・』

ほとんどのパソコンに標準搭載されている、
Excelを利用することで簡単に数万件単位のナンバリング用のデータベースを作成できます。

データベースが完成したらcsvもしくはテキスト形式に保存して、
マルチプリント・インに読み込むだけ。

もちろん、フォントの種類や色、サイズ、印字位置、
桁数合わせや、ナンバーの前後に文字を付加、
すべて自由自在に設定できます。

すでに顧客リストや、乱数などのデータベースがあるところに、
連番を付加したい場合などがあります。

単純に通し番号を入れたい場合や、検品用にナンバリングが
必要になるケースがあると思います。

この場合、元のファイルにナンバリングのデータが無くても、
マルチプリント・インでナンバリングの作成ができます。

簡単そうに見えて、意外と手間や時間がかかっていたナンバリングプリント。

● ナンバリングデータはExcelを使うと便利!
● 桁数や文字の付加は自由!
● 何ヶ所でもナンバリング印字!
● データベースにナンバリングが無くても追加で付加できる!

弊社でも年間12万枚のナンバリングをプリントしています。

『ナンバリングの仕事を受注したけど、入稿のデータベースが無い・・・』
『100件程度なら手打ちしている・・・』
『数字の桁数を合わせたい・・・』
『数字の前後に文字を付加したい・・・』
『5ずつ増えるナンバーを印字したい・・・』

とお悩みの皆様!

「これならできそうな気がする!」と感じていただけたら嬉しいです。

次号では、⓯イメージファイル(写真)のバリアブルに必要な準備
⓰イメージファイル(写真)のバリアブルに挑戦しよう

をお伝えします!

関連記事

  1. vol.02_フォントの種類やサイズの変更、文字の溢れに注意

  2. vol.04_ハガキの宛名に挑戦、カスタマーバーコードを印字して郵便料…

  3. Vol.01_データベースはエクセルで作成、差込枠の位置決め

  4. vol.05_面付け出力でコスト削減・スピードアップ、串刺し印刷で検品…

  5. vol.03_名刺や会員カードに顔写真、指定されたタイプのバーコード

  6. vol.06_バーコードのバリアブルに挑戦、バーコードの詳細設定

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。