DTPワンポイントアドバイス_Vol.03

……………★★プロポジションでなら、こう作る★★…………………

レイアウトソフトプロポジションで時間のかかるドキュメントを
どうやってはやくオシャレに作るか。。。
シリーズにわたってお届けします。
内製化 ワードからの卒業きちんとはじめてみませんか?

………………………………‥‥‥‥‥・・‥‥‥‥‥……………………………

株式会社タプコム メディア事業部 と申します。
日頃は、弊社ならびに弊社商品をご愛顧、ご検討いただき、
誠にありがとうございます。

レイアウトソフトプロポジションを使ったドキュメント作成。
現場でのノウハウをすこしづつお届けしたいと思います。

◎【 本号の内容 】
<効果的な>チラシの作り方
[3]写真上手に使えてますか?
●フォント同様、イメージも大胆なトリミングをしてみましょう

 

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆[3]写真上手に使えてますか?
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●デジカメや携帯で、写真が簡単にとれるようになり、
ドキュメントに入れることが多くなりましたが、
写真をうまく活用できてますか?

写真を使う際に、皆さまからのお悩みを分析すると
大きく3つくらいに分かれるようです。

お悩み1:
写真を取り込むと、大きくなって画面にでてくるので、使いにくい

お悩み2:
写真を四角だけではなく、丸や角丸、楕円で使いたい

お悩み3:
必要なところだけを切り抜きたい。できるだけ簡単に。

皆様この辺のことに、ご苦労されていそうです。
いかがでしょうか?
細かい写真がたくさん入るチラシを作成されている方などは、
大変ですよね~~。

さてまずは、今回の
◆写真のトリミングのワンポイント◆

トリミングってご存知ですか?
必要なところだけ<切り抜き>することです。

今日のワンポイントは、このトリミングを
しっかりする!ということです。

写真の中の不必要なところ、ちゃんと切っていますか?
面倒だからと、撮った写真そのまま使ってませんか?
このひと手間でぐっと見栄えが違ってきます。

まず、不要部分はしっかり切ってください。
できれば、ちょっと大胆に、切りすぎかな?と思うくらい周りを落として、
そして、写真を拡大して使ってみてください。

写真が生きてくると思います。いかがでしょうか???

<<<テクニックはこれ!>>>

さきほどのお悩みの中に、該当するものはありましたか?

◆プロポジションなら写真の取り扱いが楽々◆

お悩み1:解決
レイアウトボックス機能で先に置きたい写真の枠を描く
→そこに写真をドラッグ&ドロップで配置
→枠の中に写真が自動に収まる!

お悩み2:解決
写真を入れたあと、フレームをつけるにチェックを入れる
→写真の周りに角丸四角のフチ(フレームが付きます)

お悩み3:解決
イメージ編集機能でサクッと切り抜き。
→取り込んだ写真の上で切り取りたいところに四角を描きます。
→ダブルクリックで写真が切り抜けます。

プロポジションは、レイアウトソフトです。
イメージ写真を取り扱うときの便利な機能もそろっています。
レイアウトボックス機能は、先に四角を描いてイメージのサイズを
レイアウトしてしまうので、紙面構成がつかみやすく、
無駄に拡大縮小することがありません。
ドラッグ&ドロップで写真を指定サイズ配置できるのも、
私のお気に入りの機能です。
商品チラシを作るときにも便利ですよ~~~!

次回のテーマは、縦書き横書きの混在!

複雑なレイアウトに苦労されてませんか?!

次回もお楽しみに!

 

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆プロポジションを導入して頂いたご担当者様の声
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

① 株式会社AスーパーK.A様

スーパ―のチラシをプロポジションで作っています。
商品名と値段を入れて毎週作りますが、
同じ形なので、だんだんファイルが増えてきて
いまでは、簡単に前のを壊して作れるようになりました。
付属の厳選素材集を活用しています。

 

②M新聞店S様

何かと、チラシをつくることが多くあり、活用しております。
お祭りや自治体でのイベントなどの折り込みなどを作ることが多いです。
自由にレイアウトできるので、楽しく作っています。

関連記事

  1. TPワンポイントアドバイス_Vol.06

  2. DTPワンポイントアドバイス_Vol.01

  3. DTPワンポイントアドバイス_Vol.04

  4. DTPワンポイントアドバイス_Vol.02

  5. TPワンポイントアドバイス_Vol.05

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。